2010年07月11日

Root Creation

IMGP0464.JPG

今年の梅雨は、だいぶ長引いててなかなか空けないですね。
梅雨に入ってから、日光量が少ないので出勤前に遮光外したとたんに日が照るとか、もうイヤになりますね。

さて、そんなこんなで再トライから1ヶ月ほど経過しました。
今回は、写真のように発芽も良好であっという間に、葉が5枚ほどになりました。本家タイでの実生株に比べると、ちょっと小さいですが、日本の梅雨という環境下では、まずまずじゃない!?

では、アデニウム盆栽を作る上で欠かせない重要な作業

Root Creation:根の造成

を早速行いましょう。

用意するもの:直径10cm前後の鉢、軽石か赤玉土大粒、ハーブの土(実生時のもの)、爪楊枝、園芸鋏、低N高PK遅効性肥料

まずは、苗の植わっている土を水中で丁寧に除去した後、流水で根を洗い付着している土を全て落とします。アデニウムの根は、非常に脆く、簡単に折れてしまいますので、細心の注意が必要です。

なお根を洗った苗は、ごく浅く水を張ったトレー等の置き、作業の時まで乾かないようにしてください。

1苗あたりの作業時間は、結構長いです。

IMGP0469.JPG

太っい茎とは対象的に、細い根元と何本かに分かれた根が確認できます。ここで、直根から横方向に伸びている根の本数を確認し、6〜8本を残して、それ以降の直根を切断します。

根の整理が出来たら、次は鉢と土の用意です。
鉢の半分程度、軽石か赤玉大粒を入れます。

IMGP0470.JPG

次に、ハーブの土を鉢一杯に入れ、中央がせり高くなるように軽く固めます。

IMGP0471.JPG

写真では、少し土が少な目ですが、中央が鉢目一杯で周囲が9分目くらいの高さになるのが理想です。

土の用意が出来たら、先ほど根をカットした苗を中央に据え置き、横に張り出している根が四方八方均等に向かう様に、土の表面に置きます。苗や根の方向の固定には、爪楊枝を次々に土に差し込んで、支えとします。
根は、無理に曲げるとすぐ折れてしまうので、気をつけて行ってください。

IMGP0475.JPG

根のレイアウトが決まったら、外周に遅効性の低N、高PKの肥料を多めに置きます。今回、僕が使ったのは3−20−20という成分比のものです。あまりNが多いと、葉が茂ってしまい、盆栽になりにくくなるので注意してください。

IMGP0465.JPG

IMGP0473.JPG

肥料を撒き終えたら、土を被せ軽く押し固めます。この時、爪楊枝は挿したままにします。特に苗の付近は、土の上にただ置かれているだけのような状態です。根が張って安定するまでは、しばらくこの状態で育成します。

IMGP0474.JPG

根切り直後でも、直射日光下で育成してもほぼ大丈夫だと思いますが、水分を吸い上げられない状態での直射日光はダメージになります。直根を比較的長く切って、切断面が大きい時は1週間くらい明るい日陰で養生したほうが良いと思います。

さて、これで夏が終わるまでに順調に太くなってくれるでしょうか。
posted by フォル at 20:59| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記