2010年10月09日

気温が高いので成長を続けています。

IMGP0617.JPG

7月の作業から3ヶ月が経過しました。
真夏の気温よりはだいぶ気温が下がっていますが、それでも千葉県では晴れた日の日中は25℃以上になる日があるため、成長はゆっくりですが続いております。

IMGP0618.JPG

IMGP0619.JPG

先月に比べ、草丈はあまり伸びていないものの、さらに幹が太ってきています。葉にも勢いがありますが、後1ヶ月もしたら停滞状態に持っていかなければなりません。

また、ここへ来てどこから媒介された不明のカイガラムシが付着している株が出ました。幸い、発見が早く草丈も低いので全てこすり落とすことで対処できました。とはいえ、体力が落ちてきているのは間違い無いようです。


さて、冬を迎えるアデニウムを気温が低くなり過ぎないうちに、どのように停滞状態に持って行くか?


今回は、盆栽作業をしなかった小さめの株を使って、実験的に停滞状態に誘導してみました。

IMGP0620.JPG

結果は、写真の通りの状態です。
成長点に近い葉は、まだ残っていますが外葉から茶変して落ちているのが分かります。完全に停滞すると、全ての葉が落ちて幹だけの状態になります。

今回とった方法は、以下の通りです。


@遮光(日陰に移動)を行い太陽光による温度上昇を抑える。

A水分を与える間隔を徐々に大きくして土壌が乾燥している時間を作る。

B徐々に低温に慣れさせていく(土が濡れた状態でのイキナリの低温は危険)


アデニウムは、環境に変化があり大きなストレスを感じると停滞状態に移行するようです。
posted by フォル at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記