2012年05月05日

ちょっと早いけど、植え替えました。

長く寒い日が終わったと思ったら、いきなり春が終わってしまったような気候ですね。
白梅と桜が一緒に見られるなど、今年は本当に気候がおかしいです。塊根類も未だ目覚めないものもあるなど、どうして良いのか困る日々です。


IMGP1042.JPG


さて、昨年6号浅鉢に植えたアデニウムですが、上の写真のようにたった1年間で根が伸びるスペースが無くなってしまいました。本来は、芽が本格的に動き出してから植え替えが良いのですが、このままでは詰まってしまいますので植え替えます。


IMGP1043.JPG


早速、引き抜いた後に流水で根を洗って老廃物の溜まった土を洗い流します。浅い所で根がキメ細かく伸びていますね。底の浅い盆栽に仕立て上げるには、こういう根の張り方がベストです。

さて、今までが6号でしたのでこれより大きい鉢に植えるわけですが、大きい浅鉢って中々ありません。
色々探したところ、こんなのが見つかりました。


IMGP1044.JPG


発泡スチロール製11号角鉢。

いわゆる盆栽鉢を型取った発泡スチロール製の鉢です。陶器製でかなりのお値段がする盆栽鉢よりかなりお手ごろで、しかも発泡スチロールって植物の育成に良い効果があるということなのでコレを使ってみます。


IMGP1045.JPG


大きいわりには浅いので、底には軽石ではなく赤玉土大粒を浅く敷きます。


IMGP1046.JPG


今まで使っていたハーブ土は、近所のホームセンターがずっと扱っているはずもなく当然のように無かったので、プランター用の混合用土1:赤玉小粒1:赤玉大粒1で保水排水性を重視して作ってみました。

キメ細かい根を張らせるには、こうした大小の粒で隙間を作ってあげると良いようです。


IMGP1047.JPG


中央を盛り上げて、アデニウムを置いた後外周に低N、高PK肥料をたっぷり置くのはこれまでと同じです。この株は、昨年1年間でたっぷりの肥料を全部喰ったみたいで抜いたときに肥料カスが全然ありませんでした。


IMGP1048.JPG


植え替え完了です。
ついに尺鉢よりも大きい容器になってしまったので、これからは鉢はこのサイズに抑えて育てて行きます。発泡スチロールなので、根が横から突き破りそうな気がします。
posted by フォル at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記