2012年06月27日

思いのほか涼しい初夏です。

IMGP1061.JPG


更新が遅くなってしまいました。
植え替えから、1ヶ月半が過ぎました。6月に入り、例年の初夏のような気温を期待していたのですが、思いのほか最低気温が17℃前後の日が多く、アデニウムの成長が波に乗らない感じです。
人間にとっては過ごしやすいのですが・・・


IMGP1062.JPG


こちらは、中での一番の大株。
昨年からの葉が付いたままで、今年の葉がようやく出てきましたね。葉が元気の無いのは、先日の台風4号による大風でまたしても潮風に当たってしまった為です。街路樹の葉が茶変している中で、緑を保っているのはやはり砂漠の薔薇ですね。


IMGP1063.JPG


これは、花芽でしょうか?中央の枝に出てきました。枝分岐かもしれませんが、中央頂芽が伸びてきているので来月あたり気温が上昇した頃に剪定予定です。そろそろ、株姿を気にした調整を始めなければなりません。


IMGP1064.JPG


この株は、幹が細く枝ぶりも中途半端になってしまいましたね。
しかも、根腐れを起こしていたので急いで堀り上げて、腐った部分を取り除いて1ヶ月くらい吊るして乾燥させてから植えなおしたものです。

アデニウムは根腐れを起こしていても葉茎には異常が出ないので、時折幹の硬さを確かめる事も必要です。


枝を何とかしたいところですが、まずは幹を太らせるために葉を充実させないといけませんね。


IMGP1065.JPG


この株は、昨年新芽がこじれてしまい全く育たなかったので、春に仕立て直した株です。枝はそれなりに出てきましたね。これも幹を充実させたいです。


というわけで、枝数を増やす為に来月は少々人工的な処理をしてみます。使用するのはこれです。


IMGP1067.JPG


りんごの側芽形成などに用いられる、ビーエー液剤です。
成長期の枝に塗布すると、枝の分岐を促す効果のある植物ホルモンですが、反面使用法を誤ると奇形や異常を起こす危険な薬剤です。したがって、使用は1度きりで慎重に行います。

もし、この記事を見て使用したいと思われた方は、すべて自己責任で行ってください。
posted by フォル at 19:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記