2012年09月22日

幹が太くなってきました。

IMGP1087.JPG


連日続いていた猛暑にようやく落ち着ける日が来るようになってきました。とはいえ、平均気温は28℃前後ありますので、表土が乾いたら与えています。日が短くなったこともあり、アデニウムも葉茎の成長が止まって幹が肥大するようになってきました。気温が20℃台を割るまでは、まだ暫く野外管理です。


IMGP1086.JPG


2ヶ月前に剪定してビーエー液剤を塗った株です。株元の芽が大きくなってきましたので、先に延びていた枝の元にある葉を落として新芽の風通しを良くしました。※先月の1枚目の写真と比べると、どの葉を落としたかが分かります。

こうすることで、日光や風が均等に当たるようになりバランスがよくなります。


IMGP1088.JPG


実生してから2年4ヶ月間でどのくらい太くなったか計ってみました。胴回りは太いところで、35cmといったところでしょうか。多肉植物としてもかなり早い太り方です。この早い成長が、海外で盆栽として人気にもなっている理由なのでしょうね。


先日、多肉植物を生業としている園主さんとお話をする機会があったのですが、かなりの方々が2年目の冬に寒さでアデニウムをダメにしてしまっているのだそうです。実生した年の株は、表面積も小さく寒さに耐えているそうですが、大きくなる2年目で耐えられなくようです。

冬越し用の置き場所は、今のうちから早めに考えておく必要があります。
posted by フォル at 18:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記