2012年11月27日

3度目の冬支度です

IMGP1122.JPG


暦の上での季節はすっかり冬となりました。気象庁の長期予報では、寒さが厳しい冬となりそうです。すでに朝晩は屋内の冷え込まない場所に取り込んで徐々に低温に慣れさせていますが、元気な株でもだいぶ落葉が進んでいます。

この時期の水やりは、表土が乾いてから数日してなるべく暖かい時に通常の1/4程度与えていますが、目に見えて吸い上げが悪くなっています。


IMGP1123.JPG


葉があるうちは、葉から水分の蒸散作用があるのであまりに長い期間断水すると、株全体の水分が失われて弱ってしまいます。かといって与えすぎは、低温時に根腐れする原因なので、しばらく水をやっていないなと思い出した程度にするようにしています。

断水中でも穏やかな晴天で日中の暖かい(気温10度以上の)日は、外に出して直射日光に当てています。アデニウムは、樹皮の下にも葉緑素があるので葉が無くても光に当てることで休眠中の体力維持に大いに効果がある感じがします。


IMGP1126.JPG


これは、盆栽用園芸種ではなくアラビア〜紅海地方に生えている原種のアラビクムです。盆栽用と同じく、かなり落葉しています。盆栽用園芸種でも同じ性質のようで、アラビクム系は落葉が早いです。ただ、落葉が終わらなくても焦る必要は無いようです。


IMGP1124.JPG


同じく、原種ソコトラナムです。こちらは、まだかなり葉が残っています。というより、紅葉すらしていないですね。盆栽用園芸種でもソコトラナム系は同じ性質を受け継いでます。この系統は、越冬中も葉が残って翌年に持ち越すので、日光浴と適度な水分が欠かせません。


IMGP1125.JPG


原種スワジカムです。最近は、この種の園芸種が作出されているようで似ている株の画像を目にすることがあります。葉が上記2種とは違い緑色が薄く、裏に毛が生えています。そのぶんアラビクム系よりは紅葉が遅いようです。


本記録もまた来年春に向けて休眠に入ります。
posted by フォル at 22:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記