2012年08月27日

剪定から1ヶ月経ちました

IMGP1082.JPG


連日の猛暑、熱帯夜続きのおかげで1日でカラカラになってしまうので毎日夕方または朝方に水をあげています。とても多肉植物離れした管理方法ですが、アデニウムやパキポディウムの一部はこのような管理を好むようです。また、実験的に使用してみた発泡スチロール製の盆栽鉢ですが、通気性がほど良く保温性もあるのでアデニウム栽培には向いているようです。


IMGP1083.JPG


先月に中央の芽を剪定し、ビーエー液剤を塗った株です。
切る前から僅かに芽吹いていた側芽ですが、ここまで大きくなりました。頂芽がなくなったおかげで、他の側芽も勢いが出てきましたが、元々この種は枝を長く伸ばすタイプのようで新たに出た芽の数は少なめでした。ビーエー液剤は、やはり生えたばかりの緑色の部分に塗ると良く効くようです。


IMGP1084.JPG


こちらの株は、枝元が葉だらけになって見えなくなっています。
この種は、枝が比較的短い期間で成長が止まってしまうため自然と枝分かれが促されるタイプです。


IMGP1085.JPG


葉をかき分けてみると、いろんなところから側芽が出てきています。
このように幹元に芽が沢山あると、後に盆栽に仕立てる時に型を作りやすくなります。
和風盆栽で言うところの、懐芽(ふところ芽)ですね。来年あたりにこれらの芽が大きく伸びてきたら、針金をかけます。


今年は、猛暑・熱帯夜が長く続く予報が出ていますので暫くの間は、育成に専念した記録になる予定です。
posted by フォル at 20:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは はじめてお邪魔します。

実生のアデニウムを育てるのに
栽培の基礎を知りたいと探していたら
こちらがヒットしました。
すてきな枝振りのどっしりした株に
なりそうでとても楽しみですね。
私も7月にオベスムとアラビクムの種を
まきました。
フォルさんが購入先を紹介されてましたが、
来年はそちらからも買ってみたいです。
これからもぜひ栽培の参考にさせて
ください。
Posted by kame at 2012年08月30日 12:33
>Kameさん

つたない実生の記録ですが、ご覧頂きましてありがとうございます。私自身手探りでの探求ですが、参考になれば幸いです。
今のところ順調に盆栽らしい形になりつつあり、その過程をじっくりと楽しんでおります。

オベスムとアラビクムを実生されたのですね。
将来、花と樹形それぞれが楽しめる事を願っております。

また種子購入にあたり、もし海外からの植物輸入が初めてでしたら、植物検疫や通関の仕組み、注意事項等の情報を一通り検索して確認される事をお勧めいたします。


じっくりと、アデニウムの育成を共に楽しみましょう。
Posted by フォル at 2012年08月31日 01:34
フォルさん こんにちは

輸入の際のアドバイスありがとうございます。
なるほど、いろいろあるのですね。
来シーズンまでまだまだ時間はたっぷりあることですし(^_^) 
手続きについていろいろ勉強してみることにします。
ありがとうございます。
Posted by kame at 2012年08月31日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57828748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック