2012年09月22日

幹が太くなってきました。

IMGP1087.JPG


連日続いていた猛暑にようやく落ち着ける日が来るようになってきました。とはいえ、平均気温は28℃前後ありますので、表土が乾いたら与えています。日が短くなったこともあり、アデニウムも葉茎の成長が止まって幹が肥大するようになってきました。気温が20℃台を割るまでは、まだ暫く野外管理です。


IMGP1086.JPG


2ヶ月前に剪定してビーエー液剤を塗った株です。株元の芽が大きくなってきましたので、先に延びていた枝の元にある葉を落として新芽の風通しを良くしました。※先月の1枚目の写真と比べると、どの葉を落としたかが分かります。

こうすることで、日光や風が均等に当たるようになりバランスがよくなります。


IMGP1088.JPG


実生してから2年4ヶ月間でどのくらい太くなったか計ってみました。胴回りは太いところで、35cmといったところでしょうか。多肉植物としてもかなり早い太り方です。この早い成長が、海外で盆栽として人気にもなっている理由なのでしょうね。


先日、多肉植物を生業としている園主さんとお話をする機会があったのですが、かなりの方々が2年目の冬に寒さでアデニウムをダメにしてしまっているのだそうです。実生した年の株は、表面積も小さく寒さに耐えているそうですが、大きくなる2年目で耐えられなくようです。

冬越し用の置き場所は、今のうちから早めに考えておく必要があります。
posted by フォル at 18:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは フォルさん

幹周りが30p以上もあるのですか、
ずいぶん大きいんですね〜。
これは大型になる種類なのですか?
ソコトラナムはちょっと気になる品種ですが、
大きくなると狭い我が家では
場所が気になります(^^;)
花はまだ先になりそうでしょうか。
Posted by kame at 2012年10月05日 21:31
こんにちわ
幹も葉も生き生きとしていますね。
我が家はまだ4ヶ月、upの写真を羨ましく見ています。
ところで下の方の葉から茶色に変色して枯れてしまう物が出てきました、今のところ葉だけなのですが、よろしければ原因と対策を教えて頂けないでしょうか。
Posted by mimoz at 2012年10月06日 11:07
>Kameさん

お返事おそくなりました。

ご覧の通り、2年半程度でここまで大きくなりました。大まかに楕円のような幹ですので、長径は17cmくらいだと思います。

ご質問の大きさですが、品種に限らずアデニウムは遅い早いの違いはありますが、どれも伸び伸びと育てるととても大きくなります。ソコトラナムの場合、先に幹が大きくなるので花は遅くなると思いますが、日本でも5〜6年で花が付く大きさになるのではないかと思っております。

タイの大手サイトの画像を見ると大きさが参考になるかと思います。
http://www.siamadenium.com/seedlings/bonsai-seedlings.html



>mimozさん

こんにちは。
おかげさまで、手探りのなか何とかうまく行っているようです。これからの時期は成長が停滞しますので、焦らずじっくりと育ててみてください。

さて、ご質問の茶変ですが、これまでの育成で何も異常が無いようでしたら紅葉→落葉の過程にあるのではないかと思います。葉が茶変の前に黄色になっていないでしょうか?
本ブログの2010年10月〜11月の記事ご覧頂くと紅葉している様子が確認できます。

この所の秋の長雨で、急に気温が落ちましたので私の株でもアラビクムで紅葉落葉が出ているものがあります。

ただし幹の部分を軽くつまんでブヨブヨしているようであれば、渇水か根のトラブルの可能性がありますので注意して観察してみてください。
Posted by フォル at 2012年10月07日 09:25
お返事ありがとうございます。
そうなんです、葉が黄色くなってから枯れてきています。
紅葉落葉なんですね、幹はしっかりしているので
きっと大丈夫だと思います。
心配していたので気持ちが楽になりました。
本当にありがとうございました。
Posted by mimoz at 2012年10月07日 09:31
こんばんは フォルさん

お忙しいところをありがとうございます。
タイのサイト見てみましたが
いやあ、どれも立派なおイモさんで
目の保養(?)になりますね。
今育っている物がどれもこれも
あんな大きさになったら・・・
困りますね(笑)
いやその前に、まずは目の前の冬を
乗り越えないといけないのでした(^^;)
Posted by kame at 2012年10月08日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58437416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック