2013年01月12日

管理不行届き

冬季間中、昼間も日光浴の為に外に出していたのですが不意に帰りが遅くなったり、天候の急激な変化に対応できずに寒さに当ててしまった結果、一番大きく育っていた株に幹腐れが起きてしまいました。


IMGP1156.JPG


表面上は、初めに直径1cm程表皮の色が薄茶〜赤系の色に変化した程度だったので、日焼けかと思ったのですが、1ヶ月ほど経って1つの枝の葉のみ急速に枯れが入り、幹の一部が4cm程の範囲で軟化してきたので急いで切り落としたところ、かなり腐れが進行していました。表皮の色は薄茶〜赤系で一見問題ありませんでした。

この写真は、元気な組織が出てくるまで腐れた部分を取り除いたものです。
再生できるかは分かりませんが、サボテンと同様に切り口に殺菌剤を塗って充分乾燥させます。


IMGP1157.JPG


腐ってしまった組織です。白い部分が赤茶色になっていますが、表皮の緑色の部分がほぼそのまま残っているのが分かるかと思います。些細な変化に気づいた時点で手を打っていれば・・・と思うと、残念でなりません。
こまめに状態を確認する重要さを改めて思い知らされました。
posted by フォル at 14:42| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして・・・
アデニウムの件で検索していましたらここに辿りつきました
3年前に実生から育てたアデニウムに接ぎ木をされた物を頂きました
元の株は普通のアデニウムだそうですが、ウルトラドクソンと言う苗を接ぎ木されたそうです
頂いた時よりも随分成長していますが、室内に入れる前から(10月頃)接ぎ木の葉が垂れたようになっていました
鉢を見たら窮屈になっていていびつになっていましたのでた鉢増しをしました(3号鉢から4号鉢)
根は全くいじっていません
多分、その後の水やりに問題があったのだと思いますが徳利状の所が触ると何となく柔らかく感じます

もう一鉢1去年5月頂いたアデニウムは去年花を咲かせてくれたのですが、元気だと思い気を許していたら急に葉が黄色く枯れこんで来てあれよあれよと言う間に枯れてしまいました。
この苗は完全に駄目ですが、今、少し株元が柔らかく感じるものは何とか元気にする方法は無い物でしょうか・・・?

駄目になったものは下さった方に連絡してお詫びは申し上げたのですが、続けてもし駄目にしてしまったら本当に申し訳なくて言えません・・・
何とか元気にしてあげたいのですが アドバイスがありましたら宜しくお願いいたします

因みに私はアデニウムを育てるのは初めてで、下さった方は温室で殆ど1年中咲かせておられます
下さると仰ったときにも 経験がないのでもし駄目にしたら申し訳ないからとお断りしたのですが
勉強です・・・と言って送られてきました。

私の住んでいる所は 神奈川県の横浜です
初めてなのにぶしつけな質問で申し訳ありません
宜しくお願いいたします
Posted by 紅子 at 2013年01月21日 13:34
>紅子さん

はじめまして。私のブログをご覧頂いてありがとうございます。お返事遅くなりました。

接木をして楽しむところから、おそらく花の美しさに特化したオベサム園芸種であるかと思います。鉢増しされた後に室内で管理されていたとの事ですが、水はどの位の頻度で与えられていましたでしょうか?
頂いた情報から推察しますと、根の一部に異常があるように思えます。

一度、鉢から抜いて土を落として根の状態を確認されてみてはいかがでしょうか。根の一部が黒く変色しているようでしたら、その部分から更に少し上部をアルコール消毒したナイフ等で切り落とし、切り口にビスダイセン水和剤などの粉末殺菌剤を粉のまま塗って乾燥させてください。
アデニウムの樹液が染み出た部分は、酸化すると黒く変色しますが、黒変が切り口周辺だけに留まれば特に問題は無いと思います。
切り口の面積が大きい場合は、乾燥後の組織保護のためにキヨナール等を塗っておくと良いです。

アデニウムは元々乾燥に強い植物ですので、ある程度遮光されている明るい室内では土から掘りあげて2、3ヶ月間ひもで吊るして乾かしておいても生きています。
その間、水分が徐々に失われて若干柔らかくはなってきますが、晩春の成長期に植えつければ2週間程で元気になってくると思います。

現在の寒い時期では、休眠状態に入ってますので水を与えて無理に張りのある状態に戻そうとはせず、生命維持を最優先としてください。


管理不行き届きの私が色々と申し上げるのは大変恐縮ですが、来春にアデニウムが無事元気になられることを願っております。
Posted by フォル at 2013年01月22日 19:17
フォルさん こんにちは

冬は更新されてないかなと思いつつ
来てみてびっくりでした(@ @)
すぐ処置されたとのことできっとよくなることでしょう、
復活を祈っています。

我が家の実生は小さいながら、どうにか
がんばっています。おかげさまで今のところは
ひとつも落ちていません。
まだまだ寒さは続くので油断はできませんが・・・
春(夏?)に成長が始まったと報告できるとよいなと思っています。
Posted by kame at 2013年01月22日 19:59
>kameさん

ご覧の通り幹周り35cmにもなった株がこの有様となってしまいました。きっと帰りが遅くなってしまった夜に表面が氷結し、そこから腐敗していったのだと思います。休眠前に水分を多目に飲ませていたのも災いしました。

かなり大きく抉り取る事となった為、ちゃんと切り口が乾燥するか心配です。
Posted by フォル at 2013年01月22日 20:17
フォルさんお返事有難うございます

鉢増しをしたあと、メネデール液の薄めたものを
1度上げて、その後部屋が暖房で乾燥していますので水が欲しいかな?と思い3日か4日に一度あげていました
鉢まししてからまだ1か月余りです
気が付いてからは水はあげていません

気のせいかも知れませんが、何だか少し硬くなったような感じもします
アデニウムが2.3か月も乾燥に強いとは驚きです
置き場所は暖房の風が直接当たらない窓から70cm位離れた所に置いてあります
明るさはレースのカーテンを閉めても十分あります
時には日光のあたる場所に移動しています
昨年は駄目になったアデニウムの花を1個だけ見る事が出来ましたが
とても綺麗な花でした
練習にと思い3年前、天空の薔薇を園芸店で買ってきて育てていますが、背が伸びるだけで花芽が一向につきません
温室もない所で咲くものなのでしょうか?
昨年の夏は外の遮光ネットの下でとても元気よく
育っていて蕾らしきものは出てくるのですが
大きくならないうちに茶色くなって咲いてくれませんでした
一般の家庭で温室もない所で咲かせる事は出来ますか?
度々幼稚な質問ですみません
Posted by 紅子 at 2013年01月22日 20:46
>紅子さん

オベスム園芸種は種により開花サイズがまちまちですので、株の大きさは何とも言えませんが温室が無くても咲かせる事は十分できます。
特にアデニウムは、日本の5月〜10月の屋外環境を大変好みますのでこの時期は、栽培家も温室の外に出して遮光なしで管理するくらいです。(ただし、梅雨の長雨には当てないように注意します。)

花が付かない理由は様々考えられますが、市販で購入された状態だと根詰まりや水はけ悪化の可能性があります。毎年5月の成長期に、幹径の3倍程度鉢に適度に保水力のある水はけの良い土で植え込みます。
また、アデニウムは多肉植物としては成長期にかなりの肥料を要しますので、肥料不足の可能性もあります。5月の植え込み時に鉢の外周に緩効性肥料を混ぜ込みます。微量元素も重要ですので、8月まで時折薄めの液肥で補充します。

こうして育てていればいずれ花が見られるようになるかと思います。
Posted by フォル at 2013年01月23日 00:00
フォルさま有難うございます。
初心者に分かりやすい解答有難うございました
温室が無くても花が咲かせられるとの事
楽しみにアドバイスに従って管理したいと思います
消毒の件も、今回の管理の件も保存して
時々読み返しながら勉強して行きたいと思います
有難うございました

また、アデニウムの咲いた画像なども楽しみに
時々お邪魔させて頂きます
有難うございましたm(_ _)m
Posted by 紅子 at 2013年01月23日 15:29
フォルさま こんにちは

あれから鉢から抜いてみる勇気が出なくて水遣りは止めたまま様子を見ていましたが、葉が段々垂れてきていますので
勇気を出して鉢から抜いてみました
今日の午前中にビスダイセン水和剤とキヨナールが届く事になっています

鉢から抜いて感じたことは黒い色の根はなかったのですが、
フォル様の株のようにひげ根が多くなくて 軽く触ってみましたら
ポロポロと落ちる根が少しありました
株元とその状態を写真を撮ってありますので 見て頂きたいのですが
アドレスを教えて頂けないでしょうか・・・?

見て頂くのが一目瞭然だと思います
ぜひ、トライして助けたいので宜しくお願いいたします
Posted by 紅子 at 2013年01月29日 10:19
>紅子さん

帰りが遅くなり、お返事遅れました。
アデニウムの細根は非常に切れやすく今月の私の写真でも土を落とした際にそれなりの量が落ちておりますので、心配無いかと思います。

ひげ根が少ないのはオベスム園芸種そのものの性質にもよるほか、これは想像ですがこれまで育った土壌が団粒構造ではないものだったのかもしれません。

そして一番大事な事ですが、日本の冬の時期はアデニウムにとって休眠の時期ですので、よほど高温を保たないかぎり葉が紅葉して落ちたり生気を失っている状態が当たり前です。
これを無理に戻そうとすると、かえって悪い結果となってしまいます。桜や欅のような街路樹と同じであると思ってください。

画像をお送り頂くメールアドレスですが、悪質業者のメールアドレス回収を避けるために@の部分を□に置き換えて示しますので、アドレス入力の際に気をつけて入力してください。

folgorn99□gmail.com

です。
Posted by フォル at 2013年01月29日 22:07
フォルさま

無理なお願いを聞いて頂いて有難うございます
↑のコメントは私にとって大事な部分は記録で
残しましたので削除してください
早速、メールを送らせて頂きました
Posted by 紅子 at 2013年01月30日 08:37
>紅子さん

何度か確認したのですが、どうもメールが届いていないようです。メール送信の際にエラーなどは無かったでしょうか?
ご確認お願いいたします。
Posted by フォル at 2013年01月30日 22:59
フォル様

お疲れの所何度もお手数をおかけして申し訳ございません

送信エラーの案内は来ていませんでした
送信済みフォルダに入っています
アドレスを良く見直しましたら、私のPCでは
小文字でGを入力するとg になりません
文章を打つ時にはなるのですが メールのアドレスに書き込むときには(9)の字の様になります
アドレスは間違わないようにコピーして貼り付け
@の部分だけ直しました

再送してみましたので、もし駄目ならコメント欄の所に私のアドレスを記入していますので フォルと書いて空メールでも送って頂けないでしょうか?
そのアドレスに返信します

宜しくお願いいたします
Posted by 紅子 at 2013年01月31日 08:43
お久しぶりです
春までは新記事は無いかと思っていましたが
大変な事になってしまったのですね
復活を願っています
我が家の実生中の物は、秋に落葉し(枯れたものと思っていたところフォルさんに教えて頂き落葉と判明)寒い冬を迎えたので心配しましたが、最近きれいな緑の葉がでてきました
とっても嬉しいです、フォルさんにお聞きして本当に良かったです
Posted by mimoz at 2013年03月31日 09:25
>mimozさん

ご無沙汰しておりました。

油断して厳しい寒さに晒してしまい、ご覧の有様です。処置をした株は、その後ずっと乾燥させてかなり皺が寄ってますが何とか生きています。植え込んで水を与えた時に一気に腐らないか少し心配です。

mimozさんの株も目覚め始めたようで何よりです。冬眠から覚めたのアデニウムを見られて今とても心癒される時でしょう?
これから暖かくなるとさらに勢い良く成長していくと思いますので、大切にしてあげてください。
Posted by フォル at 2013年04月01日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61408267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック