2013年05月06日

ようやく動き始めました。

温室や加温している屋内では、アデニウムも4月早々に新芽が動き始めている所ですが、無加温・温室無しだと初夏の陽気になるGW頃が活動開始の時期です。しかし、今年は夜間に妙に冷えたりと動きが少し鈍いようです。


IMGP1172.JPG


1月に腐った部分を取り除いて殺菌剤を塗って乾かしていた株です。4ヶ月近くつるして乾燥させていた為に傷口から水分がかなり蒸発して株全体が小さくなりました。


IMGP1173.JPG


水分が失われて、裏面の樹皮も皺が寄っていますが緑色は失われておらず、これでも生きています。根は、光を浴びたせいか葉緑素が作られて緑色になっています。


IMGP1174.JPG


復活させるために植え込みの準備です。まずは、せっかく乾いた傷口に水分が浸入してトラブルの原因にならないように樹脂系の傷口保護剤を塗り保護します。茶色なのは、樹木用のためこの様な色に保護剤が着色されているためです。


IMGP1176.JPG
IMGP1177.JPG


芝の目土(赤玉土細粒)1:赤玉土小粒1:日向土小粒1の用土に植え込みました。体力が落ちている株に有機分を含んだ用土では腐敗を招くので無機質用土とし、細根の発生を助けるために粒径を小さめとしました。

風通しの良い明るい日陰で蒸れないようにしつつ用土が温まるように管理し、水分を吸い上げて幹が張りだしてきたら日当たりの良い東向きの場所に移します。


IMGP1175.JPG


この株も太い根の1本が元からダメになっていたので、切り取ったものです。1ヶ月ほど干したのに萎れるどころか、干した場所が暖かいために幹にはハリがあって先に新芽が動きだしていました。


IMGP1179.JPG


幹はだいぶ太くなり、これからは健康に成長させつつ樹姿の作りこみとなってきました。種をまいてから3年間経ちましたが、少しはアデニウム盆栽と言えるようになったでしょうか・・・?
posted by フォル at 20:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
フォルさん 初めまして。
寒さの被害がどうなったか心配して居ました。
無事冬を越しましたね。
これからはどんどん動き出し、楽しみですね。

最後の画像、小さいながらも貫禄十分です。

今後の成長を楽しみにして居ます。

時々書き込みますので、宜しく願います。
Posted by ずんだ団子 at 2013年05月08日 05:17
>ずんだ団子さん

はじめまして。
拙い記録を見ていただいてありがとうございます。

おかげさまで、何とか生きながらえさせる事が出来たみたいです。まだ新芽を出すまでには至っておりませんが、これから気温が高くになるにつれて元気を取り戻していくのではと思っております。


今年も11月頃まで記録が続くと思いますので、ご覧いただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
Posted by フォル at 2013年05月08日 20:52
こんにちは フォルさん

あの株越冬したのですね、よかったです。
だいぶ大きく切りとりましたね。

我が家の生き残ったチビたちも
最近新芽をだしはじめたので
ホッとしたところです。
これからいよいよ樹の作り込みとのことで
どんな風にするのか楽しみです。
Posted by kame at 2013年05月15日 15:09
>kameさん

おかげさまで、かなり大きく抉ってしまってそれまであった風格もすっかり衰えてしまいました。
他の株よりは遅いですが、ようやく小さな葉がわずかにいくつかの芽から出てきました。

kameさんの実生1年株もこれからですね。
暑くなると多肉植物とは思えないほどの水飲みで、栄養も食いますので立派に育てあげてくださいね。

共にアデニウムの成長を楽しみましょう。
Posted by フォル at 2013年05月15日 21:55
お久しぶりです。復活おめでとうございます。
やはりお手入れが良かったのでしょうね。我が家のチビたちも新芽が出てきてほっとしています。
こちらは春が遅く桜がやっと咲いてきたくらいの寒さが続き、チビちゃん達をもっとお日様にあててあげたいのですが、お天気とは戦えません。
Posted by mimoz at 2013年05月22日 09:31
>mimozさん

ありがとうございます。そしてお久しぶりです。
ようやくアデニウムが成長を始める時期となりましたね。おかげさまで、何とか復活してきまして本日確認したところ、水を吸い上げ始めて柔らかくなっていた幹も張ってきました。

今年は、梅と桜が逆転した所もあったようですね。日光は、夏至までだんだん強くなってきますので室内ではうっかり日焼けには気をつけてくださいね。
関東はもうすぐ梅雨との戦いに突入です。
Posted by フォル at 2013年05月22日 20:15
フォル様こんばんは。
あの、大手術の株が見事に復帰ですね!
アデニウムって強いのですね
改めて写真を拝見して生命力の強さに驚いています

お陰様で我が家のあのアデニウムはすっかり元気になって
株元も更に丸く大きくなって 新しい葉も
展開しつつあります。
アドバイスのお蔭です。 有難うございました

今の時期、肥料など大事な時だと思うのですが
まだ怖くて あげて良いのか悪いのか迷っています
今年は花を咲かせてみたいと注意をしながら
見守っているのですが 強い植物とはいえ
繊細な植物でもありますね
これからも参考にさせて頂きながら育てていきたいと思います
Posted by 紅子 at 2013年05月26日 20:31
>紅子さん

お返事おそくなりました。
おかげさまで、何とか復帰してきました。他の株よりは遅いですが、新芽もようやく各所から出始めてこれから葉を展開してくると思います。アデニウムは、乾燥には強いですね。

これから蝉が鳴きだす頃にかけてがアデニウムの枝茎が最も成長する時期です。すぐにでも緩効性肥料を鉢の外周に普通の植物と同量程度置くと良いと思いますが、幹と鉢の外周が近い場合は肥料焼けに気をつけてください。

私の株は、大きい鉢に植わっているので植え替え時に緩効性肥料を外周に入れている他に、今時期は1,000倍程度の液肥を2、3週に一度与えています。

今時期の屋外は、風もあるので蒸れにくいと思います。たっぷり日光と風を浴びせて、晩夏には幹を太らせるための十分な枝葉がある株を目指されてくださいね。
Posted by フォル at 2013年05月28日 01:12
フォル様

先月あたりから様子を見ながら外に出したり
中に入れたりしていましたが、5月に入って
出来るだけ日光を浴びるようにしています
余り日差しが強いときは 少し内側に置いて
日焼けを(葉焼け)を起こさないように気を付けていました

冬の間垂れていた葉も落ちることなく 起き上がって来ています
新しい葉も出てきていますが、カイガラムシか
アブラムシがついてるようで株元にオルトランDXをパラパラ撒いて 殺虫剤もかけました
もし、カイガラムシだとすると 良い駆除方法がありますか?

今日、早速液肥をあげました。 緩効性の固形肥料買って来ないとないので近い内に買いに行って来ます
何時も分かりやすい 親切なアドバイス有難うございます
Posted by 紅子 at 2013年05月29日 14:28
>紅子さん

関東甲信も梅雨に入りましたね。
明けるまでは、湿度も高く日照も不足しがちですので長雨に当たらなく、かつ蒸れない軒下等で過ごさせてくださいね。

お困りの害虫は、コナカイガラムシでしょうか?これは私の所でも発生しますが、株をチェックして見つけたら都度駆除が一番ですね。

薬剤は、お使いのオルトランDX粒剤でアデニウムに毒性を持たせて発生率を下げるのと、見つけた場合は目に見える成虫を掻き落としてからボルン(マシン油で窒息させる)かアクテリック乳剤(毒ガスによる駆除)です。

今時期は、卵から盛んに幼虫が生まれますので、発見して成虫を駆除した1週間後くらいにもう1度薬剤散布を行うと効果的です。
アクテリック乳剤は、30倍程度に希釈してゴミ袋の中で散布後、口を縛って一晩置いておくと毒ガスが長時間利いて効果的です。

検索エンジンで「コナカイガラムシ 駆除」で検索すると色々情報が出てくると思いますので、是非ご覧になってみてください。
Posted by フォル at 2013年05月31日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66674420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック