2013年06月16日

梅雨に入りました。

梅雨に入り、本格的に蒸し暑い季節が到来しました。日照があまり期待できないうえに鉢内に与えた水分がいつまでも残ってしまうので、根腐れに気をつけなければならない時期です。
今時期は、南または東向きの風通しの良い庇の下などが良い置き場となります。


IMGP1190.JPG
IMGP1191.JPG


冬に幹腐れした株です。根もしっかり張って、幹に色艶も戻り葉もたくさん出てきました。ここまで元気になれば、一安心というところです。芽の数が多いのは、昨年塗ったビーエー液剤の影響かもしれません。


IMGP1193.JPG


今年も花芽が出てきましたが、ダメになってしまいました。花芽が出てくる頃に急激に日光が強く、湿度が上がってきたためと思われます。残念ですが、花は株を十分に充実させてからにしたいと思います。


IMGP1194.JPG


枝が伸びてきましたので、アルミ針金を新たに巻きました。こうして、アルミ針金を巻くと枝が成長して太くなった際に、ある程度横方向に誘導することができます。和風盆栽でもよく用いられている方法です。アデニウムは成長が早いので、今時期に巻くと秋頃には効果が見えてきます。


IMGP1195.JPG


アルミ針金は、枝の元で片端を指で押さえて若芽や葉に注意しながら、ゆっくりと枝に巻きつけていきます。巻きの間隔がせまいほど、強制力がありますが無理をしすぎると折れたり、腐れてしまうので適度に施します。

こうして、枝や葉の間隔を均等にして風通しよくすると充実した株にすることができます。
posted by フォル at 20:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
フォルさんこんばんは

流石にアデニウムベテランさんですね
あの株に見事綺麗な葉がついていますね!
我が家のアデニウムもお陰様で元気にしていますが
気温が上がったり下がったり・・・植物も戸惑いますよね
中々、花芽が付きません・・・
たまに薄い液肥もあげています
今週末あたりから気温が上がりそうです
期待しています^^

時々新芽の出て来るところを覗いては
カイガラムシが出ていないか確認しています

アデニウムの盆栽仕立て、なるほど・・・と思いました
我が家のアデニウムは根元も太くなってきましたが
幹も伸びています
Posted by 紅子 at 2013年07月04日 20:05
>紅子さん

おかげさまで、何とか葉が出るところまで復活しました。大きく抉れた形ですが、変化を楽しんでゆこうと思います。

花が付かないのは今年初めに植え替えられて、元気を取り戻した株でしょうか?
もし、そうだとすると開花するには少し株のサイズが小さいように思います。4号鉢が適しているくらいの大きさになると花芽も出るのではないかと思われます。

7月の梅雨明け後は、アデニウムの枝剪定に適した時期になります。あまりに長く伸び過ぎた枝は切り戻してよいかと思います。
Posted by フォル at 2013年07月05日 20:11
おはようございます

フォルさまにアドバイス頂いたアデニウムは
株元の一番太い所が今直径6p蔵に太ってきて
鉢の形が少しいびつになっています
鉢との間の株周りが1.5pくらいずつ空いています
鉢は4号のプラ鉢に植えてあります

あれから置き肥も鉢の隅っこの置きました
今の所株元が触ると柔らかく感じたものが
今はしっかり押しても固くてがっちりしています
これも、フォルさまのアドバイスのお蔭です^^
少しずつアデニウムの育て方が 分かりつつある
所です^^

フォルさんのアデニウムに花が咲いたところを
見られる日を楽しみにしています^^
Posted by 紅子 at 2013年07月06日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69527701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック