2013年07月29日

引っ越す事になりました。

諸般の事情により、アデニウムを育成していた一軒家を離れ、マンションに引っ越す事となりました。マンションでは、残念ながらベランダのスペースが非常に限られており、アデニウムを続けることができるか定かではなくなりました。


IMGP1248.JPG


気温30℃超えの時期が到来し、アデニウムは今が最も旺盛にしています。今時期は、多肉植物とは思えないほどの水飲みです。同じアデニウムでも花が主体のオベスムは、毎日のように水をやるとやり過ぎと言われてますが、盆栽を目指すアラビカムで逆に水を控えるとこうなります。


IMGP1246.JPG


1週間ほど水が切れただけで、落葉が始まってしまいました。この後、水やりを戻したので新たに芽吹いた芽から葉が旺盛に出てきました。水やりの影響かは分かりませんが、私のアデニウムは自然に成長点が潰れてしまうことがよく発生します。品種により枝が短く止まるものもあるそうですが、これは分かりません。


IMGP1247.JPG


多肉植物界の重鎮である二和園の向山氏にお伺いすると、花を楽しむオベスムはある程度太い枝にならないとしっかり花芽が付かないのだそうです。私のアラビクムはこの様に止まっては、枝分かれを繰り返しているために花芽の付きが悪いのかもしれません。

花を楽しみたい方は、盆栽作りを避けて太い1本枝にするか、年数をかけた充実株に作り上げるしかないようです。


IMGP1245.JPG


すでに、我が家に居たアデニウム以外の多くの植物は、新たに世話をしてもらう方を求めて巣立っていきました。何点かの植物は私が世話をしてもらいたくないと思う人物の手元に渡った事が分かり、悔やみきれない限りですがいたしかたありません。


3年余りにわたり、ご覧頂き楽しみにされていた皆様には誠に心苦しいかぎりですが、一旦ここでひと区切りとさせていただきます。私の記録により、アデニウムに興味をもたれたり育成の参考になった方がおりましたら幸いです。



ありがとうございました。
posted by フォル at 20:36| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うちのアデニムの栽培するのに一番参考にしていたのがこのサイトです。
ありがとうございました。
Posted by まぁちゃん at 2013年07月30日 00:11
>まぁちゃんさん


清順さんの花BEGINNINGキットで始められたのですね。
うまく育てられたかどうかは分かりませんが、末永くアデニウムと付き合うきっかけとなれば幸いです。
ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年07月31日 22:52
フォルさま このブログおやめになるのですね
とても残念です
初心者の私に丁寧なアドバイス有難うございました
今まで育てられた植物が大切に愛されて育てられる事を願わずにはいられません

最後のブログでもヒントになるコメントありがとう御座います
お陰様で少しアデニウムの扱い方が分かってきました
それにしても 重ね重ね残念でなりません
本当にありがとうございました
Posted by 紅子 at 2013年08月03日 21:21
>紅子さん

私のふとした思い付きで始めたブログをご覧頂いてありがとうございました。花アデニウムとは多少異なる育成の記録でしたが、お力になれたようで幸いです。

アデニウムの中・大株が未だ高値で取引されている背景には、2年目、3年目の冬をうまく越せずにダメにされてしまう方が多い為なのだそうです。
是非、お手元のアデニウムを大事にされてください。

ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年08月05日 22:38
こんにちわ、なんと悲しいお知らせでしょう。
アデニウムに興味を持ち育てるにあたって色々調べましたがなかなか自分が教えて欲しい部分に行き着かず、困っていたところ巡り会えたのがフォルさんでした。
我が家のアデニウムちゃんはフォルさんのおかげで1年2ヶ月順調に成長してくれています。
とても残念ですが、今回のブログ記事は自分への最後の教示のように思えてなりません。
新生活が落ち着き、もし又再開されるような事があれば嬉しい限りですが、今まで教えて頂いた事を参考に子育てをしていきたいと思います。
どうぞ、お元気で。
Posted by mimoz at 2013年08月11日 10:32
>mimozさん

順調にアデニウムが成長されているようで何よりです。私自身手探りで育ててきたアデニウムですが、育成の参考になっているようで嬉しい限りです。

お手元のアデニウムをどうか末永く大事になされてください。そして、もし同じくアデニウムに興味を持たれた方がおりましたら、どうかmimozさんが得た経験を基にひとつひとつ教えてあげてください。

ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年08月12日 18:48
初めまして…
偶然こちらのサイトを知り、初めてアデニウム盆栽に挑戦してみようと、種を取り寄せ、本日根切りを行いました。
全部で10鉢ほど完成しました。
時期的に一ヶ月遅れているようですが、過去ログを参考にさせて頂きながら頑張ってみるつもりです。

…ですが、こちらのサイト終了されてしまうとか。。。
とても残念です。
過去ログはこれからも拝見出来ますか?
初心者にはこちらのサイトがとても分かりやすくて参考になっていたものですので。。。


Posted by でじ at 2013年08月14日 11:44
>でじさん

はじめまして。
私の記録をご覧頂いてアデニウムを始められたのですね。とても嬉しい限りです。

まことに残念な事に諸般の事情で更新できるかは定かではなくなりましたが、この記録はこのまま残しておく予定です。

始められたアデニウムをどうか大事にそして立派に育てあげてくださいね。
Posted by フォル at 2013年08月15日 17:50
はじめましてm(_ _)m

バリに何度か遊びに行ってるうちに「アデニウム」と「プルメリア」の虜になってしまい、バリニーズの友人に種を貰い行き当たりばったりで育て始めて早5年、壁にぶつかる度にいつも助けて頂いたフォルさんのこの日記、今年の3月にまた種を貰って来たので本格的に盆栽作りをしてみようと思い、リンサンとカリが多めの肥料をやっと見つけ、根切り→植え替え、落ち着いたので枝止めをしようと久々にこちらに遊びに来たら何とびっくり終わってしまうのですね(涙)
フォルさんのアデニウムが咲くのをみてみたかったッス。
今まで沢山参考にさせて頂きました。本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
Posted by わやん at 2013年08月16日 12:51
>わやんさん

はじめまして。
バリで見たアデニウムやプルメリアに魅せられたのですね。常夏のバリとは違い、四季がある日本では日本の植物と同じようにはいかず、苦労された事でしょう。
私の記録が、参考になっているようで嬉しいです。どうか、今あるアデニウムを立派に育て上げてくださいね。

ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年08月17日 20:41
はじめまして。
アデニウムについて不安になる度に、何度も何度も読み返しては勉強させて頂きました。

ウチのアデニウムが無事に育っているのも、本当にフォルさんのサイトがあったたからこそです。
恐怖の3年目の冬を、無事に越えるよう頑張りたいと思います。頑張るのはアデニウムですが…。

今まで本当にありがとうございました。

Posted by miya at 2013年08月22日 21:30
フォルさん こんにちは

ひさしぶりに見に来てみたら
突然のお知らせでびっくりしました。
生活が変わられるということで
お忙しいことと存じます。
大事にここまで育てた株を手放すのは
寂しいものですよね。
転居でお忙しくされてると思いますが
どうぞお体を大切にお過ごしください。
今までいろいろなアドバイスをいただき
ありがとうございましたm(__)m
なんとか大きくできるように、がんばります。

Posted by kame at 2013年08月24日 14:41
>miyaさん

はじめまして。
私の試行錯誤の記録を参考にして頂きまして嬉しい限りです。私の様に管理不行き届きにならぬよう、お手元のアデニウムを大事になさってください。

ありがとうございました。


>kameさん

諸般の事情でやむなく引越しという形になってしまいました。おかげさまで転居の方は何とか落ち着いてきましたが、新しい環境には未だ慣れずじまいです。

これまで大事にされてきたアデニウムを是非立派に育て上げてくださいね。

ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年08月24日 20:58
フォルさん、始めまして・・・
と言ってもブログも終わってしまっていまさらかもしれませんね。
私も2011年からアデニウムを育てていて今年初めて花が咲きました。でももうちょっと早くこのブログを知っていたら育て方も違っていたでしょう。今後も参考にさせていただきたかったので非常に残念です。ですが、私の場合冬場は小苗をLED+加温で育てています。設備さえ整えればマンションでも十分に育てられると思います。その気になりさえすれば・・・ですが。
Posted by TK−One at 2013年12月23日 09:33
>TK−Oneさん

はじめまして。お返事おそくなりました。
見事に開花させるまでに育てられたのですね。花が見事なオベスム園芸種でしょうか?
私のアラビクム園芸種での育て方では、3年間のうちに開花には至りませんでしたが、TK−Oneさんは既に開花させるまでの育て方や越冬のコツを十分につかまれておりますね。

経験や知識を基により立派な株に育て上げてくださいね。最後に私の試行錯誤の記録を見て頂き、ありがとうございました。
Posted by フォル at 2013年12月26日 21:58
この春に花が咲きました。
http://www.uedamasatoshi.com/?p=1695

このサイトのお陰です。
ありがとうございました。

ご報告まで。

PS 新しい住まいではアデニウムを育てていないのですか。
  再会しないかなとたまにのぞきこんでいます。
Posted by まぁちゃん at 2014年04月13日 13:21
>まぁちゃんさん

さっそく写真を拝見しました。見事に咲かせることに成功しましたね。まさしくアデニウム・アラビクム原種の花です。冬の間もガラス越しのやさしい日光を当てて健やかに過したのが良かったようですね。

実は新たな住まいにも子株を持ち込んでおるのですが、育成のポイントとなる午前中の直日照が全く得られない環境により、休眠明けに根腐れから胴腐れに至る株が多くて維持するのがやっとな状況です。

今はお見せできるような健全な株が無いのが心苦しい限りです。もうじき転居してから1年になりますので、今の環境を十分把握した上で別の形でお見せ出来ればと考えております。
Posted by フォル at 2014年04月14日 23:37
フォルさん、こんにちは。
あの後に返事、いただいていたんですね。気づかずに申し訳ありませんでした。
私の場合適当にネットで買った種類を何種か混ぜて播いたので育っているのが何かわからなくなってしまっています。まあ、私らしいと言えば私らしいんですが・・・。
育てていて気づいた事があって今年それをやってみようかと思いますのでご意見を聞きたいと思います。どうも新しい枝には花が付きにくいように感じるので低く抑えるための剪定をやめて枝先と根本のトックリ状の部分の間を外して接ぎ木する、という方法です。これがうまくできれば形を整えるにも便利なように思います。昨年6月に発芽した苗を今年植え替えるつもりなのでその一部で7月ごろに試してみようと思います。
Posted by TK-One at 2014年04月22日 23:06
>TK-Oneさん

接木は、1つの株に複数種の花を咲かせたり、成長が遅い斑入りの枝を大きくするのに用いられますね。
アデニウムの花芽は必ず今伸びている枝先に出来るのですが、複数種花の株を作るときは接口の組織癒着にエネルギーが使われてしまうので、接いで暫くはその枝では花を望めないのが通常のようです。

私の盆栽仕立てがなかなか花を付けない理由の一つに枝止め等の作りこみ作業で勢いのある枝を作るエネルギーを幹の増大に回してしまっているというのがあります。
これにより、太い幹の割には勢いが無く短い枝という姿をしています。

もし、オベスム園芸種でそこその徳利型の幹に花を望むのであれば、盆栽技法で言うところの「犠牲枝」という方法を応用してみるのも手ではないかと思います。つまりは、2,3本の枝だけ勢いよくわざと成長させるだけさせて、枝元の太さが2cmを超えるようになったらばっさりと切る方法です。
こういう太い枝を剪定した後に出る芽は、最初から太く勢いもあるので花芽も付きやすいのではないかと思います。(※エンゲイナビの写真のようなイメージですね。)

犠牲枝を伸ばしている間は不恰好ですが、急がずに時間をかけて望む姿に作りこんでいくという手法、いかがでしょう?
Posted by フォル at 2014年04月23日 22:13
お久しぶりです
このコメントを見て頂けるかどうかわかりませんが、嬉しいことがあったので。
フォルさんに教えて頂きながら種から育てたアデニウムに今月花が咲きました。
3鉢もです、それぞれ色も違い本当に嬉しくてお礼を言わずにはいられません。
もしお目に止まれば幸いです。
ありがとうございました。
Posted by mimoz at 2015年03月08日 09:40
>mimozさん

こんにちは。お久しぶりです。
とても嬉しいお知らせですね。この時期に開花ということは、きっと日当たりが良く夜は冷え込まないところでとても大事にされていたのですね。

これからもどうか大切にされてくださいね。


・蛇足ですが、みんなの趣味の園芸サイトでもアデニウムについて色んな方々が情報交換されております。もし、興味がおありでしたらいかがでしょうか?
Posted by フォル at 2015年03月10日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71467921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック